Windows8でのデフラグ

 Windows8ではデフラグが機能強化されており、SSDに対して最適化が実行できるようだ。ただし、SSDに対して(SSDを意識した)セクタの再配置をするわけではなく、トリムを実行する仕様のようだった。
画像

 コマンドライン版のdefrag.exeにも関連しそうなオプションが追加されている。

  /L 指定したボリュームに対してトリムを再実行します。
  /O 各メディア タイプに適した最適化を実行します。

 /OをSSDに対して実行すると、/Lと同じ処理になるようだった。

 また、NVIDIA nForce Serial ATA Controller (nvstor.sys) を利用した場合はSSDを最適化できなかったが、標準デュアルチャネルPCI IDE コントローラーに変更すれば最適化可能となったので、トリムが効く環境になっているかの確認にも利用できるのかな? とも思った。

 以上、Windows7からWindows8へ移行する数少ないメリットのひとつでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック